会社概要

ご挨拶

株式会社
北日本オートバックス
代表取締役

感謝!おかげさまで創業41年。
“気”で満ち溢れている夢のある企業を目指して!

株式会社北日本オート用品は、2017年10月1日で創業41年を迎えることとなります。これもひとえに、当社を応援して下さった全ての皆様の日頃からのご指導ご愛顧の賜物と、心より感謝申し上げます。
また、創業の精神、その熱い思いを、襷を繋ぐように引き継いでいただいた、先輩諸氏・社員の皆様にも心より感謝申し上げます。
さて、株式会社北日本オート用品の歴史は、1976年(昭和51年)3月19日に北日本ホンダ販売株式会社の小売店事業として、旧「大豊産業株式会社」とフランチャイズ契約を取り交わし、全国の第10号店として“オートバックス月寒店”をオープンした時から始まりました。その後、1988年には、北日本ホンダ販売株式会社のオートバックス事業を株式会社和田商会に譲渡、1年後の1989年10月1日に『オートバックス事業』を独立分離して、新会社“株式会社北日本オート用品”を設立いたしました。したがって、『オートバックス事業』開始からは今年で創業41年と言うことになります。
節目でありますので、創業40年を機に記念事業をと思っておりましたが、昨年の10月にご縁がありまして、株式会社オートバックス北海道とのお話をいただき、2017年2月1日に株式の譲渡を行い、株式会社オートバックス北海道を完全子会社化いたしました。
2017年10月1日付けで、株式会社北日本オート用品が株式会社オートバックス北海道を吸収合併、同日付で商号を変更、新たに“株式会社北日本オートバックス”として出発をいたします。
新生“株式会社北日本オートバックス”は、過去のオートバックス・オートハローズの看板の下、多くの経営者の皆様や社員の皆様の思いを引き継ぎつつ、相乗効果を上げ、新しい文化を創り上げ、社員全員の“気”で満ち溢れている元気な夢のある企業を目指して参ります。
カー用品販売を主軸に車検整備事業・車の販売買取事業・保険事業・新規事業等も本業と位置付け、今後も絶えずお客様の声に耳を傾け、社員間のコミュニケーションを図る姿勢を崩さぬよう肝に銘じ、使命感・スピード感・気・情熱をもって本気で努力してまいります。
これから先のあるべき姿は、地域に根を張り足元を固めつつ、明るく笑顔の絶えない成長し続ける企業を目指します。
更に、関わりのある全ての皆様が幸せを感じられる企業を描きながら“気”を入れて参ります。

会社情報

商号 株式会社 北日本オートバックス
所在地 〒062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目1-55
創業 昭和51年(1976年)3月19日
事業会社設立 平成元年(1989年)10月2日
役員構成 代表取締役 村山文彦
専務取締役 舘内喜樹
常務取締役 佐賀弘征
取 締 役 久保喜誉
取 締 役 村山美智子
取 締 役 和田智一
監 査 役 香取民平
資本金 1億円
社員総数 465名(2017年9月30日現在)
年商 100億円
拠点数 25店舗
店舗
  • ・稚内店
  • ・名寄
  • 花咲店
  • 旭川豊岡
  • 滝川店
  • 岩見沢店
  • ・小樽店
  • 石狩花川
  • 江別店
  • 札幌北47条店
  • スーパーオートバックスSAPPORO
  • 環状通・光星店
  • 札幌白石
  • 新札幌
  • 札幌石山通り店
  • 西岡店
  • 平岡店
  • 恵庭店
  • 千歳豊里店
  • 苫小牧店
  • 登別室蘭インター店
  • 静内
  • 東室蘭店
  • 函館中道店
  • スーパーオートバックス函館
主要取引銀行 北海道銀行本店
商工組合中央金庫札幌支店
北洋銀行本店
みずほ銀行札幌支店
三菱東京UFJ銀行札幌支店
事業内容 AUTOBACS店舗経営
グループ関連会社 ■株式会社和田商会
(不動産管理・自転車小売業“CyclePlaza”)
■北日本ホンダ販売株式会社
(不動産管理業)
■株式会社WBS
(各種自転車卸売業)
■ジェイミスジャパン株式会社
(JAMIS社製、自転車日本総代理店)
■株式会社Xds-Japan
(Xds社製、自転車日本総代理店)

アクセスマップ

沿革

北日本オート用品のあゆみ

昭和51年3月 “オートバックス月寒店”《オートバックス 10号店》OPEN(札幌第一号店)
(札幌市豊平区清田153番地)北日本ホンダ販売株式会社 代表取締役 和田 庄太郎
昭和53年11月 11月“オートバックス苫小牧店《” オートバックス 89号店》OPEN(苫小牧市元中野4丁目11番地)
昭和57年3月 “オートバックス発寒店《” オートバックス 146号店》OPEN(札幌市西区発寒13条2丁目)
平成元年10月 株式会社北日本オート用品を設立、(オートバックス事業一切を独立分離)
代表取締役 和田 全司(資本金1億円)
平成元年12月 “オートバックス羊ヶ丘通り西岡店《” オートバックス 360号店》OPEN
平成2年10月 “オートバックス札幌北47条店《” オートバックス 370号店》OPEN
平成4年10月 “オートバックス清田店”を“オートバックス平岡店”へ店名変更(リロケーションOPEN)
平成9年4月 “オートバックス苫小牧店”を(幸町)に移転(リロケーションOPEN)
平成9年10月 “オートバックス発寒店”を(手稲区新発寒)に移転
店名を“オートバックス新発寒店”改め(リロケーションOPEN)
平成14年4月 株式会社 北日本オート用品  代表取締役 村山 文彦 就任
平成15年3月 ㈱オートバックスセブンのエリアドミナント戦略により、店舗の再配置を実施
㈱オートバックスセブンの子会社法人、㈱オートハローズとの間で営業譲渡の形式により “オートバックス札幌北47条店”を㈱北日本オート用品から㈱オートハローズに譲渡
“オートハローズ新札幌店”“オートハローズ江別店”“オートハローズ苫小牧北光店”を ㈱オートハローズから㈱北日本オート用品に譲渡
平成15年3月 “オートハローズ江別店” をリロケーションOPEN( オートハローズ 2号店)
平成15年3月 “オートハローズ苫小牧北光店”を リロケーションOPEN( オートハローズ 18号店)
平成15年3月 “オートハローズ新札幌店”を“オートバックス新札幌”に業態変更OPEN( オートバックス 619号店)
平成17年7月 “オートバックス苫小牧店”と“オートハローズ苫小牧北光店”の2店舗を統合
新たに“オートバックス苫小牧店”(柳町)に、リロケーションOPEN(AB 89号店)
平成20年10月 “オートバックス羊ヶ丘通り西岡店”を店名変更し“オートバックス西岡店”として、リロケーションOPEN
平成22年10月 “オートバックス江別店”OPEN( オートバックス 646号店)
平成23年9月 “オートバックス岩見沢店”OPEN( オートバックス 657号店)
平成25年10月 “オートバックス静内”OPEN(全国723号店)
平成28年3月 “オートバックス札幌白石”OPEN(全国753号店)
平成29年2月 ㈱オートバックスセブンの連結子会社である㈱オートバックス北海道の全株式を譲り受け子会社とする
代表取締役 村山 文彦 就任
新たに17店舗を譲り受ける
◆札幌市内・近郊エリア6店舗
(環状通・光星店、札幌石山通り店札幌北47条店、スーパーオートバックスSAPPORO、小樽店、石狩花川)
◆千歳・室蘭エリア4店舗
(恵庭店、千歳豊里店、東室蘭店、登別室蘭インター店)
◆道南エリア2店舗 (スーパーオートバックス函館、函館中道店)
◆道北エリア5店舗 (滝川店、花咲店、旭川豊岡、名寄、稚内店)
平成29年6月 本社所在地移転(札幌市豊平区月寒東一条十七丁目1番55号)