カー用品情報

バッテリー

バッテリーは消耗品です。定期的なチェック、交換が必要です。

バッテリーはエンジンの始動やエアコン・カーナビなどを動かすために無くてはならないクルマの心臓の様な大切なパーツです。

最近のクルマは電気を使うパーツが増えているため、バッテリーの重要性と負担はますます高まっています。
いざという時のために、未然にバッテリー上がりなどのトラブルを防ぐためにも、定期的な点検と交換がオススメです。

バッテリーの役割

最近のバッテリーは高性能なため、バッテリーの限界ぎりぎりまで性能を発揮するため寿命や不調の兆候が現れにくくなっています。そのため、寿命がくると突然バッテリーがあがってしまいます。
突然のバッテリー上がりを防ぐためには、定期的な点検が大切です。ここでは点検項目を簡単にご紹介します。

液面点検

液面が「UPPER LEVEL」(最高液面線)と「LOWER LEVEL」(最低液面線)間の半分以下に低下している場合は、ただちに「UPPER LEVEL」まで精製水(市販のバッテリー補充液など)を補水してください。バッテリー補充液には単なる精製水の場合とゲルマニウムなどを配合した強化剤と称したものがあります。

※メンテナンスフリー(補水不要)タイプは目視できません。

最高最低液面
精製液と強化剤

電解液(希硫酸)は電気分解などの際に水分が蒸発し、液内の硫酸部分だけが残ります。
その際に不純物を取り除いた精製液をつかって補水し電解液の濃度と液量を適量に戻すことができます。強化剤は、通電をよくする物質が混入されているため、電極板の汚れを解消・防止したりバッテリー液の劣化を防ぎ、バッテリー寿命を延ばすなどの効果があります。

※メンテナンスフリー(補水不要)タイプは対象外です。

バッテリー補充液
液面点検

バッテリー液の比重は、バッテリー上面のキャップを外し、比重計を使って確認します。
比重計の目盛りが常温(約20℃)で1.26から1.28の間を目安に補充電して下さい。1.25以下の場合は充電不足なので充電を行って下さい。

※メンテナンスフリー(補水不要)タイプは対象外です。

比重計
接続点検
端子が緩んだり腐食すると接触抵抗が増え、始動困難や端子のスパークなどが原因で端子が損傷することがあります。点検時は端子のゆるみがないことを確認してください。
また、端子部に腐食が確認された場合はワイヤーブラシで酸化被膜を削り落として下さい。削り落とした後、腐食防止にグリスを塗布するのも効果的です。

クルマのバッテリーをいつでも無料で診断!!突然のバッテリー上がりを防止いたします。

現在のバッテリーの劣化状態をあらかじめ知っておけば、バッテリー寿命が訪れる時期をある程度予測することができます。オートバックス各店では、「バッテリーチェッカー」という測定器を使うことで、充電では回復できないようなバッテリーのいたみ具合を診断可能です。しかもいつでも無料! 「今日はバッテリーの点検だけ」というお客様も、もちろん大歓迎。オートバックスにお任せください。

バッテリーの健康状態を把握しておくことが、突然の寿命によるトラブル防止への近道です!!

バッテリーQ&A

  • バッテリーはどれくらいの頻度で交換が必要ですか?

    車両の使用状況やバッテリーの種類によって大きく変わりますが、2~3年での交換をおすすめします。
    また、シーズン毎の気温の変化やイベント等のクルマの使用では、バッテリーを酷使してしまうこともありますのでシーズン毎の点検をオススメします。

  • 購入したバッテリーはどれくらいの期間保管できますか?

    製造から1年くらいは保管可能ですが、保管中も自己放電により徐々に電気容量が低下しますので充電が必要になります。

  • バッテリーのランクアップとは何ですか?どんなときに必要ですか?

    新車の時に付いていたバッテリーより大容量のバッテリーに交換することをランクアップと言います。色々な電装品を後付けすると電気容量が不足し、早いバッテリー上がりを起こします。バッテリー上がりを防ぐために、普段からチョイ乗りや様々な電装品を車内で使う方は、容量の大きなバッテリーにランクアップすることをオススメします。

  • バッテリーを保管するにはどういった場所がいいのですか?

    バッテリーの保管場所には、風通しが良く、気温の変化が少ない涼しい場所、適度に乾燥した場所が保存に適しています。逆に、雨露のかかる場所や、直射日光を受ける場所、水の侵入を受ける場所は保管に不適切な場所といえます。

  • 「濃度が薄い」とはどういうことですか?

    「電解液の比重が低い」ということです。
    電解液温度が20度Cで比重が1.25~1.28であれば正常です。それより低い場合は、過放電の可能性があります。
    補充電または、点検を早急に行う必要があります。また、バッテリー上がりの前兆でもあります。